読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペ妻と理系男子夫とのおかしな夫婦闘争

アスペルガー自身から見たアスペルガーとは

少し脱線4 私とよく似た人に出会って

この記事を書いてからもちょっと気になっていて、読み直してみて自分の悪い点が出たと思うので書き直します。

私の悪い点とは、思考の先走りと思い込みと人の気持ちを正確に理解できないところ、です。

私はアスペルガーだと自覚していますが、私と似ているからと言って、アスペルガーかどうかは分りませんよね。曖昧な書き方をしたせいで、勝手に決め付けられているようで嫌な気持ちになる人もいると思うので、記事の内容を変えさせてください。私に似ているねと言われて喜ぶ人がいるかと考えたら・・・いないだろうと思いましたので。自分から私に似ていると言ってくれるならまだしも、私と似ていると私が勝手に思うのは、その人にはただの迷惑かもしれません。反省です。また、私は思い込みが強いので、本当は全然似ていないのに、勝手に似ていると思ったのかもしれません。こういったところが私の一番悪いところだと自覚していたのに、やってしまったと後悔です。

ちょっと前のことです。能力とか思考とか色々な点で自分とよく似ているなと感じる人に出会いました。初対面で、多分10人のうち7人くらいが「ちょっと変わっている人」と思うかなという感じの人です。でも「変わっている」といのは悪い意味ではないと思っています。それは「Unique」ということですから。

なぜ似ていると感じたかというと、話をしているとたまに「?」と思う事があったからです。それがなぜなのかを考えてみて、質問の内容から少し方向性の違う回答をしていたからだと気付きました。私はよく、話が飛ぶと言われます。私はもっと方向性が違う答えをしたいたのだと思います。みんな、もっと「???」のような顔をしていたましたので。その人と会話していて、私と会話していた人がなぜ「???」という顔をしていたのかが分りました。私の場合、方向性が違うというか話しが全然繋がらなかったんでしょうね。

その人は、このまま少しずつ成長していけば社会とうまく関わっていけると思います。これから社会人として様々な対人関係を経験すれば、大きく成長して、社会で活躍していける人だろうと思います。

本当のところ、自分と似ていると思う人に出会って嬉しくて、色々と話したい気持ちで一杯でしたが、それは余計なことですね。似ているというのも私の主観で、本当に似ているかどうかもわかりませんよね。

私は、このブログでも最初に書いていますが、アスペルガーであることは「Unique」であり、自信を持ってよいことだと思っています。一芸に秀でていることが多いですし。その一芸がうまく社会の中で回っていくと、社会でも成功というか自分が満足できる状況を作れたりします。コミュニケーションに問題があることがありますが、それも自分の事をよく理解していると改善していくことができます。

私は、アスペルガーであることで、問題に沢山出会いましたが、だからこそ得た幸せが多くあります。自分がアスペルガーでなければ、この幸せな状況は無かっただろうし、アスペルガーでよかったと今は思っています。なので、普通の人はアスペルガーかもと思われるなんて嫌だと思うだろうということに、書いている時は思考が及びませんでした。そういう普通の感覚が私には欠落していて、それが大きな問題なんですが、気付くことができたのは私が成長したからなんだと思います。