読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペ妻と理系男子夫とのおかしな夫婦闘争

アスペルガー自身から見たアスペルガーとは

少し脱線3 アスペルガーの私と分析官アビー

閑話休題しようと思っていたのですが、内容を忘れそうなのでもう少し脱線します。

私は、アメリカの海外ドラマが大好きで結構見ています。その中でも特に好きなのが「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」。このドラマに出てくる登場人物は、全員が「unique」です。「unique」同士が絶妙に織りなす会話が秀逸で、私は大好きです。

私のこのドラマの中で一番大好きな登場人物が、「アビゲイル・シュート」というNCIS科学捜査分析官。通称「アビー」。彼女は、非常に優秀な分析官で、CSIだと数人が担当しているような分析を一人でやっています。指紋分析、血液分析、弾丸分析などなどあるゆる分析ができ、コンピューターを使った分析も超得意。とても現実にいるとは思えませんが、まさに「天才」です。一人で全部やりたいようで、助手がいません。美人さんで、表情はとってもキュート。歩き方も変わっていて、考え方は独特だけどユーモアもあり、愛すべきキャラクターです。

旦那もこのドラマが結構好きで、このドラマの特集があったので、二人で見ていました。私が合間にお風呂に入っあがってきたら、旦那が、「アビーが、歯ブラシを共有するよりパソコンのアカウントを共有する方が絶対嫌、って言ってたけど、歯ブラシの方が絶対に嫌に決まっているよね」と納得できないようで、私に同意を求めました。その場面を私は見逃してしまったのですが、私は一瞬寒気がしました。「アビー」は・・・私と似ている?と思ったからです。

アビーは、こだわりが強くて、集中力が尋常じゃなくて。分析という分野で傑出した才能があって、人が思いつかないような視点から証拠品を見ることができて。社交的に見えるけど、実は心を開く人は限られていて。ベットは外部から遮断したいのか棺おけ。彼女を形容するのに、「変わっている」という言葉は必ずついてきます。

もちろん、私はアビーほど極端でもないし、「天才」でもありません。彼女のようなユーモアもないし、美人でもないです。アビーは、本当に愛すべきキャラクターで、大くのファンがいます。美人でキュートということ以上に、アビーには「何か」があるのです。その「何か」に多くの人が惹きつけられます。それは私の持っていない「何か」です。

でも、彼女の「変わっている」要素のいくつもが私のそれとよく似ていて、アビーが歯ブラシの共有よりパソコンのアカウントの共有の方が嫌、という気持ちはとっってもわかるのです。そして色々彼女のキャラクター設定を考えると、アビーはアスペ的要素てんこ盛りのキャラクターなのではと気づきました。

なんで嫌なのか。パソコンの中身を見られたくないという単純な理由ではないと私は思います。他人がいじったところで、アビーの大事なデータを見つけることは不可能でしょうし、アビー自身もそれは心配さえしていないのではと思います。

では、なんで嫌なのか。パソコンは、彼女の一部になっているからなのでしょう。そのパソコンのアカウントを共有することは、その共有した相手が自分の中に入ってくるということ。歯ブラシの共有ももちろん嫌でしょうが、それ以上に自分を侵略された感じが強いのだと思います。

私は、パソコンがそこまで得意ではないので、「私の物」と認識しているパソコンはありませんが、電子機器のタブレットで同様の拒否反応をしたことがあります。タブレットには、私の大好きな画像を保管していて、とっても大事にしています。「私の物」です。でも誤解が無いように説明しておきますが、保管している画像は他人に見られても全然構わない画像です。他の人と一緒に見たりもしています。その画像を見せたくないというわけではないんですよ。しかも、画像を見るためだけに買ったタブレットなので、他のデータは全く入っていません。

旦那がゲーム用にタブレットを購入することになったのですが、環境動作を見たいから、私のタブレットを少し貸して欲しいと言われました。私と同じシリーズのタブレットを検討していて、でも、環境動作が悪かったら無駄になるから、試したいということでした。買ってしまって環境動作が悪かったら、別のタブレットを購入することになるので、かなりの無駄になりますし、一家の主婦としてはかなり悩みました。ほんのちょっとの変更で、ほんのちょっとの期間だけだと言われました。でも、でも、私のタブレットに私と関係のないソフトを入れること自体がどうしても受け入れられませんでした。色々考えましたが「やっぱり無理~!」と拒否。旦那は理解しがたい感じで「1週間程度で消すし」と言いましたが、「い、一週間?1、2時間程度ならなんとか我慢するけど、1週間なんて絶対に無理!」と断固拒否し、この話は無くなりました。今考えても、私にはぞっとする話なのですが、普通に考えてそこまで受け入れられないことではないような気もします。でも、アビーの話を聞いて、「多分同じ感覚!」と思いました。でも、旦那の様子を見ると、これって、普通の感覚ではないのですね。

アビーが「アスペルガー」の設定かどうかはわかりません。ただ、「unique」で「とっても変わっている」というところは、皆が納得するところだと思います。それと、とっても自己肯定感も高い。本当に、私と似ているところが多いのです。

アビーの愛すべきキャラクターは、アスペ要素ではない別の「何か」なのかもしれません。また、ドラマのキャラクターではあります。でも、アビーの存在は、アスペルガーの希望のように思えてならないのです。アスペルガーでよかったかも、とさえ思ってしまいます。