読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペ妻と理系男子夫とのおかしな夫婦闘争

アスペルガー自身から見たアスペルガーとは

アスペルガーでも成長する2 変なあなたが好き!

アスペ妻

10のきっかけその2・・・小学校3年で、「変」とまわりが"思っている"ことに気付く。友達ができる。

変とまわりが思っていることに気付いたきっかけが、初めてできた親友と呼べる友達(これ以降杏ちゃん)です。杏ちゃんは、「変わっているあなたが大好き」とずかずかと私の中に入ってきました。私は自分の中に人が入ってくるのがとても嫌です。最初は少しの恐怖と戸惑いで、ちょっと距離をおいていました。しかし、杏ちゃんは、私と友達になると決めたから絶対に友達になる、という感じで毎日私に声をかけてきました。彼女も、まぁ、ちょっと変わった子でした。

そしてその時初めて、「変わっている」と思われているのは、私以外あまりいないことに気付きました。杏ちゃんが声をかけたのは、私と少し変わっていると言われていた苺ちゃんの二人だけだったからです。それで、私はまわりから「変」と思われているんだ、とようやく気付いたのです。

しかし私はここで、幸せな勘違いをします。「変わっている」ことはよいことなんだ、と。杏ちゃんは、「変わっている」ことは「普通」より素晴らしいこと、と本気で信じていました。


「変わっている」は、strangeではなくunique。「unique」なあなたは、素晴らしい。


そういわれ続けていると、unique(変わっている)というのは良いことなんだと思うようになりました。「変わっている」ことは悪いことではありません。ただ、「変わっている」ことで、いわゆる「普通」の人より困難に沢山ぶつかるのも真実です。私は、杏ちゃんのように、人は「普通」ではなく「変わっている」べきとまでは思いませんが、「unique」な部分を持つことは誰にとっても大事なことだとは今では思っています。

ただ、この時点で、自分が「変わっている」とは思っていません。また、「普通」が何なのかも分からないので、「変わっている」ということがどういうことなのかも分かりませんでした。

でも、杏ちゃんが自分を母より理解してくれているのはとてもよく分かり、自分の世界しか見えてなかった私は初めて、外の世界に目が向きました。自分を理解して受け入れてくれる人がいる、ということは、私に外の世界でも安心感を与えてくれたのです。母の名誉のために言っておきますが、母はいわゆる「普通」のとても優しい、素晴らしい母です。母は、ちゃんと私を受け入れてくれていましたが、私の不可解な行動や思考を理解することは難しかったようです。

杏ちゃんとの出会いで、つま先だけだった外の世界にようやく足首まで入ったと感じました。まだまだ自分だけの世界は大きく、そこから出ようなんて思いもしませんでしたが、外の世界に興味を持ち始めたのは間違いありません。杏ちゃんと苺ちゃんと遊ぶのはとても楽しく、とても安心できました。

でも、この頃の記憶は、杏ちゃんと苺ちゃんだけ。同じクラスの子さえ名前も顔も思い出せません。

しかし、それ以降、記憶はつながっていきます。杏ちゃんの存在は、私にとって大きな大きな一歩を踏み出させたのです。